こもれび動物病院|板橋区、練馬区、東武練馬駅、上板橋駅、氷川台駅、平和台駅、下赤塚駅近隣を中心に初診料無料でいつでも気軽に相談できるクリニックです。

こもれび動物病院

お問い合せはお電話にてお気軽に 電話番号:03-6281-0299
  • 年中無休で診療
  • 夜間救急対応あり

感染症科

感染症は、特に幼少期や高齢期の免疫抵抗力が弱い子に認められます。腸粘膜や眼鼻の粘膜、血液に感染するものなど、感染源となる病原体の種類で症状は異なります。まずは血液検査が主体になります。

猫風邪

外で、顔が眼ヤニや鼻水でぐちゃぐちゃな猫ちゃんを見かけることがあります。いわゆる猫風邪とよばれます。ヘルペスウイルス、クラミジア、マイコプラズマといった病原体が一緒に、もしくはそれだけ単体が感染して症状がでます。軽度なものであれば目薬や飲み薬でなおりますが、脱水がひどい場合には体力が回復するまで点滴も必要になります。

急にかなりのびっくり画像です。
外にいた子が保護されまして、目ヤニ、鼻水、口も腫れて舌も出てしまっています。
結膜炎もひどく、お顔もぐちゃぐちゃです。
入院管理下で、抗生剤、抗ウイルス薬、点滴など、しっかり治療を行いました。まだ多少目やになどは出ますが、とてもきれいになりました。こんなに眼がぱっちりさんとはしりませんでした。そして元気になったら、シャーと威嚇されるせつなさ。。。

感染性の下痢

ウイルスや寄生虫の感染により下痢になることがあります。とくにおうちに迎えたばかりの仔犬や仔猫で多いです。まずは便検査をして、その寄生虫やウイルスにあったと薬を選択します。ウイルス性の場合には難治性なこともあります。

便検査で見つかった回虫、コクシジウムと言われる寄生虫です。他にもたくさん種類があります。虫卵だと小さいので顕微鏡を使わないと見えませんが、成虫の場合、便から動くソウメンのような寄生虫が出るので、飼い主様はびっくりして駆け込んできます。