板橋区、練馬区、東武練馬駅、上板橋駅、氷川台駅、平和台駅、下赤塚駅、若木、徳丸、錦、西台、桜川、中台、北町、上板橋近隣を中心に初診料無料でいつでも気軽に相談できます

こもれび動物病院

お問い合せはお電話にてお気軽に 電話番号:03-6281-0299
  • 年中無休で診療
  • 夜間救急対応あり

消化器科

ご飯を食べない、吐く、下痢するが主な症状です。
先天的な病気から他の原因があっての二次的なもの、異物・中毒までありますが、命に関わることもあるので油断なりません。原因の特定には血液検査、レントゲン検査、バリウムレントゲン検査、超音波検査が基本です。それでも特定が困難な場合には、全身麻酔下での内視鏡検査が必要なこともあります。いわゆる胃カメラ、というやつです。

巨大食道症

食べ物を口から胃に運ぶ食道が拡張し、食べ物を胃にうまく運ぶことができないので、何を食べても飲んでもすぐに吐いてしまう病気です。吐いた物を誤嚥することも多く、ごはんの与え方には注意が必要になります。

円の中の白いゾーンが食道です。ここに食べたものが停滞して食べた直後に吐いてしまうので、ごはんを食べた後には、後ろ足で立って食べる立位食が基本になります。

炎症性腸疾患

胃、腸の粘膜が炎症を起こすことによって食欲不振、吐き、下痢などの症状を引き起こします。重度になると血液中のタンパク質量が減り、胸やお腹に液体がたまってしまうことがあります。毎日のごはんも厳選する必要があり、お薬も欠かせない病気です。

内視鏡で見た十二指腸の中です。粘膜に炎症があるため表面がボコボコしています。
ここで起こった炎症により、食べたものを吸収できなかったり、慢性的な気持ち悪さや緩いうんちが続くことがあります。
治療には、お薬はもちろんですが、ごはん選びも重要になります。

消化管内異物

人工物を噛んで遊んでいて、うっかり飲み込んでしまうと、それが消化管内でつまって傷を付けたり、それが中毒性のある食べ物や、薬剤だった場合には肝不全、腎不全になることもあります。仔犬や仔猫の避妊・去勢手術前レントゲン検査でたまたま見つかって、手術ついでに内視鏡も、なんてことも意外とあります。命にかかわる場合もありますから、たかが異物、されど異物です。特に仔犬、仔猫を迎えた方は要注意です。

内視鏡で見た胃の中です。おもちゃのドーナツがあります。小さい異物だと症状がほとんど出ないこともあり、避妊去勢の手術前検査で偶然見つかることもあります。この子もたまたま見つかり、避妊手術ついでの内視鏡で無事とれました。
大型犬になると異物も派手です。この子は胃から、かなり先の腸まで流れてしまったため、胃切開および腸切開が必要でした。術後、その回復力とパワーに押し倒されました。